料理人はきついです【辞めることは悪じゃない】失敗を繰り返さない方法

料理人って、きつくないですか…? 悩んでいるのは自分だけ? どうしてこんなにきついんだろう… どうしたらいいですか? 人生を失敗しないコツがあったら知りたいです… 

こんな声に答えます。

元料理人のカーリーです。

料理人の仕事、きついですよね。控えめにいっても、かなりきついと思います。

「好きで始めたはずなのにこんなにつらいの、なんかおかしくない?」って感じですよね。

ということで、この記事では

  • 料理人は本当にきついのか
  • 苦しみから上手く抜け出す方法
  • 同じ苦しみを繰り返さない方法

について掘り下げていきます。

わたしもこの方法で転職に成功し、心穏やかな日々を手に入れました。

人生をよりよく生きたいとお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

【料理人はきつい】辞めることは悪じゃない

料理人の仕事はきついです。

体や心を壊すくらいなら、さっさと辞めましょう。辞めることは悪ではありません。

そもそも、厳しい修行は、すべての料理人に必要ではないです。

このご時世、どんなに料理が美味しいお店でもすぐ潰れます。

なので、新卒や脱サラなどで経験がない人がお店を開いても、お客さんが付かず経営難に陥って店が潰れて…

開業にかけたお金や時間、エネルギーすべてが無駄になります。

借金を背負ってしまえば、その後の人生かなりシンドイです…

なので「こういう無駄足をなくすために、すでにうまくやってるお店で働いてお店の運営ノウハウ、料理や接客のスキルを吸収しよう」というのが修行です。

引用:料理人の修行は辛い【でも必須じゃない】苦しいときの対処法と考え方

あなたの今の苦しさが、未来への投資でないなら、修行は必要ありません。

心と体を正常に保ち、これから来る未来へ備える方が、100万倍も大切です。

 

日本の「途中で辞めるのは悪」という風潮は、洗脳です。そこそこ使える人材をキープしておきたい、会社の都合でしかありません。

洗脳して、使い物にならなくなったら、ポイッと捨てる。会社ってかなり悪質ですよね。

そんな悪に振り回されて壊れる前に、辞めたいときは素直になって大丈夫です。

注意

パワハラやモラハラの被害に遭っている人は、秒で辞めましょう。LINEで無料相談できる退職代行サービスに助けを求めてみてください。

弁護士監修で良心的な「退職代行Jobs」

汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービス

 

【関連記事】

料理人の暴力はあるある【許すまじ】さっさと辞めるのが正解です

 

【料理人はきつい】好きでも向いててもきつい

控えめに言っても、料理人はきついです。

いくら料理が好きでも、料理人の仕事が向いていても、きついものはきつい。

料理人きつい “あるある” です。

  1. 長時間労働
  2. 休みがない
  3. 待遇の悪さ
  4. 人間関係の悪さ
  5. ストレスフルな営業中

こんなんじゃ、いくら仕事が楽しかろうが、結構きついです。

なので、料理人がきついと悩んでいるのは、あなただけではありません!

 

【料理人はきつい】1.長時間労働

料理人の労働時間は長いです。

1日15時間 労働は、わりと普通。

とはいっても、料理人と同じくらい長時間労働の仕事なんて、ザラにありますよね…

スーツを着るサラリーマンにも、料理人並の長時間労働をしている人がいることを、料理人を辞めた後に知りました…

 

でも、気温 50℃ 近くなる厨房で、立ちっぱなしで働く料理人の方がきついと思ってしまうのは、自分が料理人だったからでしょうか…

とにかく、長時間労働はきつい!

人間の集中力なんて、15分が限界なのに!

 

【料理人はきつい】2.休みない

料理人は週1休みが普通です。

1日15時間 × 6日 働いた疲れとストレスを、たった24時間で癒やせと…?

かなり無理ゲーです。

  • お盆
  • 年末年始
  • ゴールデンウィーク
  • クリスマス

こういった【一般人が喜ぶ休日】こそ、料理人は悲鳴をあげます。

もちろん、有給もなし。わたしは危うく、兄の結婚式にも行かせてもらえないところでした。

 

まあ、休日に関しては、きちんとした「会社」に勤めれば、ある程度は保証されます。

契約書もないようなお店の場合、休日はなしです。 週1日の休みも、仕込みで潰れます。

 

【料理人はきつい】3.待遇の悪さ

料理人は待遇も悪いので、きついです。

最悪のパターンはこれ。

  • 給料が悪い
  • 国保や年金は自腹

少し前にツイッターで「#手取り15万」が流行りましたね。料理人の場合、手取り15万から国保と年金が自腹です…

わたしは社会人6年目でこれだったので、かなりきつかった。

 

ちなみに、料理人には「残業手当」の前に「残業」という概念がありません。

「定時」という概念もないです。

仕込みに間に合うように出社して、お客さんがハケて片付けが終わるまでが 1日の業務。

定時は毎日 変わるし、先読みできません。

 

【料理人はきつい】4.人間関係の悪さ

料理人は人間関係の悪さにも定評があります。

昔ながらの縦社会と、ストレスフルな環境が原因です。人間関係がいい職場は入ってみないと分からないので、かなり無理ゲー感がありますね…

大体は、料理長がやたらと威張っていて、職場全体がギスギスしていくパターンです。

 

当時、わたしのいたホールはみんな仲が良かったですが、キッチンは暴君 料理長の独壇場でした。

偏見なつもりはありませんけど、料理人ってやっぱりな… と思ってしまいます。

 

【料理人はきつい】5.ストレスフルな営業中

営業時間がとにかくストレスフルです。

次々とやることが増えるストレス、時間に追われるストレス、常に完ぺきに仕上げないといけないプレッシャー…

働く人それぞれが大量のストレスとプレッシャーを抱えているので、営業中は地獄です。

 

強いストレスの中で働くから、タバコ好きやお酒好きの料理人が多いのかなと。

わたしも当時は、コンビニ弁当を夜中1時に食べて、ストレス解消する毎日でした。それでも太らなかったのは、若さゆえ…

 

「料理人はきつい」から抜け出す方法|5つの選択肢

今の苦しさから抜け出すには【行動あるのみ】です。

具体的には5つの選択肢があります。

  1. 今の店を続ける
  2. 違う店で料理人をする
  3. 飲食業界内で違う職種に就く
  4. 異業種に転職する(未経験)
  5. 独立する

1.は今の職場を続ける選択肢です。

学べることや貴重な人脈、優れた待遇があるのなら、今のまま続けるのもアリかと思います。

2.は、違うお店で料理人を続ける方法。

3.は、料理人からホールや商品開発など、違うジャンルで働くこと。 4.は、簡単にいえば「毎日スーツを着る会社員」になること。

5.は、独立してお店を持つ方法です。

資金とノウハウがあり、自分がやりたいと思うのなら、やってもいいと思います。

成功するかどうかは別問題ですが。

引用:料理人を辞めたい【けど辞められない】今すぐ知るべき人生の挽回法

 

わたしは料理人からホールに転職したことで、自分の得意を活かしながら楽しく働けました。

「好き」と「得意」は違うんですよね。

この違いをしっかり理解したからこそ、今はフリーライターの仕事で食べています。

ストレスフリーに働きたい人は、以下の記事も読んでみてください。

 

【料理人の転職】自己流の転職は失敗の原因

転職は、自己流でやると失敗します。わたしも10年で6回ほど転職しましたが、成功したのは1回だけです。

転職を成功させる秘訣は、他人に頼ること。

わたしも他人に頼ったおかげで、料理人からホールへの転職、飲食業からライターへの転職が成功しました。

 

【自己流で失敗】目の前の苦痛から逃げるだけじゃダメ

料理人はきついですが、目の前の苦痛から逃げるだけではダメです。

過剰な苦痛からは逃げるべきですが、何も考えず逃げたのでは、また同じことを繰り返します。よく考えて、戦略的に逃げましょう。

「なにが辛いのか」

「なにに不満なのか」

「自分はどうしたいのか」

じっくりと考えることが大切です。紙に書き出して、論理的に整理してみましょう。

 

わたしの場合

● 人との関わりを少なく → 在宅

● 働くなら短時間 → バイト?

● 追われない仕事がいい → 飲食店以外?

●休みたいときは休む → フリー

ネタを絞り出して、とことん自分に問います。こんな感じで考えた「理想の自分」が、今の「フリーライター」に最も近いです。

より良く生きるなら、まず「理想の自分」を明確にする。

その次に、理想像から逆算して、仕事や生活スタイルを当てはめていく。

これが「成功のフロー」です。

仕事ありきで物事を決めると、必ず失敗します。なので、目の前の苦痛から逃げるときは、理想の自分から逆算し、戦略的に辞めるとよいです。

 

【料理人の失敗しない転職】転職エージェントがおすすめ

転職には、転職エージェントがおすすめです。

そもそも、転職に失敗する原因は、経験の少なさが原因。経験不足の状態で良い悪いを判断するなんて、マジ無理です。

しかも、自分になにが向いてるのか、何が得意なのかすら分かっていません。

だから、失敗するんです。

本来なら、時間をかけないと経験は積めませんが、他人の視点を取り入れると、ある程度はカバーできます。

料理人の場合、より他人(客観的)であり、飲食に詳しい転職の専門家である【転職エージェント】に頼るのがベストです。

 

辞めるのは悪じゃない。戦略的に成功ルートで辞めよう

今回は【料理人きついんだけど。どうしたらいい?】という話でした。

正解は、心と体を壊すくらいならさっさと辞める、です。ただし、戦略的に成功ルートを通るのが鉄則! さもないと、同じ苦しみが何度でもやってきます。

一度 勇気を出せばいい。

そうすれば、この苦しみから永遠に解放されます。誰もあなたを責めはしません。今度こそ、本当の明るい人生を切り拓きましょう。

Twitter でモリモリ発信してます

この記事の感想をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

お家の中と外 あらゆる無駄をゼロに近づけるミニマリスト【小さなことから生活の質を上げる】シンプルで豊かな暮らしをズボラに。▷料理人として社会に出たらすぐに挫折 → 人生に絶望→フリーランスで人生を挽回します