料理人の暴力はあるある【許すまじ】さっさと辞めるのが正解です

料理人の暴力は仕方がありませんか? 耐えるしかないでしょうか…?毎日が辛すぎてどうすればいいか分かりません。解決方法を教えて下さい。

こんな声に答えます。

元料理人のカーリーです。

  • 料理人に暴力は付きもの
  • 耐えるしかないのかな…

こんな風に悩んでいませんか?

確かに、飲食業界は厳しく、暴力もよくある話だといいます。

料理人あるあるだとしても、毎日毎日パワハラを受けるなんて、辛くてやっていけませんよね…

ということで、今回は、料理人のパワハラに対する解決策をまとめます。

これ以上の被害を受けなくて済む方法はあるので、今 辛くても大丈夫! この記事をサクッと読んで、あなたの人生を取り戻しましょう。

料理人の暴力はあるあるですが、許すまじ【退職が正解】

料理人の世界に暴力はつきもの。

でも、許してはいけないし、付き合う必要もありません。さっさと退職するのが正解です。

暴力に付き合うと、あなたの人権や時間が奪われ、いいことは何ひとつありません。

若いうちはあまり自覚ないですが、歳を取ると【時間こそ人間にとって最重要な財産】だと理解できます。

暴力に耐えることは、あなたの最も貴重な資源(時間)をドブに捨てること。

自らそんなバカを犯す必要はありません。

なので、暴力を振りかざす料理人の下で働くのは、さっさと辞めましょう。

 

料理人に暴力やパワハラは不要|洗脳に注意

そもそも、料理人に暴力やパワハラは必要ありません。「料理人になるなら暴力は仕方ない」というのは、悪質な【洗脳】です。

専門学校ですら「現場に出たら多少の暴力は仕方ない」と言ってます。

先生としては、生徒に現場の厳しさを伝えるために言っているのでしょうけど、マジ無意味…

ただの洗脳です。

飲食業界だけでなく、働くすべての現場に暴力は必要ありません。

 

暴力は人間のやることではない

暴力は人間のやることじゃありません。

理性があれば、暴力は止められます。

理性を失って暴力を振るう人は、もはや人間ではありません。なぜなら、生き物の中で理性を持つのは、人間だけだから。

人間でない生き物に付き合うだけ、時間の無駄ですよね。

猫や犬のように癒やしを与えるでもなく、ただ暴力を振るうだけの生命体と一緒に、まともに働ける人の方が珍しいと思います。

 

料理人に暴力を振るう人が多い理由

料理人に暴力を振るう人が多いのは、残念ながら事実だと思います。

自分もやられた身ですし…

料理人に暴力を振るう人が多いのは

  • 自分がやられたから
  • 指導能力がないから

これが理由だと思います。

 

料理人が暴力を振るう理由1.自分がやられたから

「自分がやられたから、次の代にも同じことをする」のは、どの業界でもどの世代でもあるあるです。

料理人のように、閉鎖的で職人気質な職業は、とくにその傾向が強いと思います。

暴力が習慣になっているんですね。

習慣を変えるのは簡単ではないし、あなたの努力で解決できる問題でもありません。

なので、さっさと逃げた方がいいです。

即日対応の退職代行サービスで安全に辞める

 

料理人が暴力を振るう理由2.指導能力がないから

多くの料理人に指導能力がないのは、業界全体の大きな課題だと思います。

指導能力がないと教え方が分からないので、下が育たない。イライラする。キレる。暴力。

こんな流れです。

かつては中卒や高卒、今は専門卒で飲食業界に入る人のほとんどは、リーダーシップや部下を育てるノウハウを知らずに働いています。

教え方を知らないから、暴力に発展しやすい。

だから、料理人はバカとか教養がないとか、学歴ないのに偉そう、とか言われるんです…

 

料理人のパワハラ事件【実体験】ランチタイムに警察沙汰

わたしが遭遇した暴力事件を紹介します。

わたしがホールで働いていた店の料理人が部下に対してパワハラをし、見かねたお客さんが警察を呼んだ、という話です。

そのときの店はオープンキッチンだったので、お客さんの目についてしまったんですね…

ニュースにはなりませんでしたが、しばらくはゴタゴタが続いて大変でした。

 

しかし、最大の問題は、パワハラをした料理人は処分されることなく、そのまま普通に働き続けていたこと!

警察沙汰になる前から、その料理人は激しい暴言の常習犯であると、みんな知っていました。

なのに、会社はなにもしなかった。

せっかく1人のお客さんが勇気を持って立ち上がってくれたのに、それを活かせなかった。

「この会社はクソ」と確定した事件です。

今は「料理人にパワハラは付きもの」と、見て見ぬ振りをした当時の自分にも腹が立ちます。

 

暴力が絡んだ料理はクソ不味い

オープンキッチンだろうが、裏方でお客さんから見えない場所だろうが、暴力はダメ。

ネガティブは簡単に伝染するんです。

人は、そういうネガティブに驚くほど敏感ですからね。危険を避けるための防衛本能です。

 

暴力を容認しているお店にお金を落とすな

例えば、フレンチの有名店に「厨房の奥から聞こえる怒号が BGM 」という店があります。

たしかに、料理自体はおいしいです。

日本のフランス料理界の基礎を築いた料理人のお店には、根強いファンもいます。

 

でも、今のわたしはそんなお店に行くなんて、絶対に考えられません。いくら料理がおいしくても、厨房から怒鳴り声が聞こえてきたら、食欲を失います。

パワハラを名物にしているお店にお金を払うなんて、どうしてそんなことができる?

そのお店にお金を払ったら「パワハラを応援してるよ、頑張ってね」という意思表示になってしまうんですよ…

 

食事の美味しさは総合評価|料理が美味しいだけじゃダメ

食事のおいしさは、料理だけでは決まりません。その場の空気やコミュニケーション、その空間を取り巻くすべての総合得点で決まります。

だから、料理だけが素晴らしくても、場に流れる空気やスタッフの対応が悪ければ、不合格。

そこまで考えられる料理人は少ないと思います。

 

安全に料理人を辞める方法「退職代行サービス」

今パワハラを受けて悩んでいるなら、早く辞めた方がいいです。

仕事を続けて自分の人生を棒に振るか、働き続けて洗脳され、自分も将来 下の子に暴力を振るうか。

どちらにしても、いい人生は待っていません。

 

でも、辞めたいと言ったら暴力がエスカレートする… 相手にしてもらえない…

こんなケースには「退職代行サービス」がおすすめです。退職代行サービスを使い、その日から出社なしになれば、パワハラ被害はそこで終わります。

部下に横柄な態度を取る上司に限って、第三者に弱い。

知識もなく脅しているケースがほとんどなので、第三者が出てくると焦って腰が低くなるケースって、本当によくあるんだそう!

だから、安心です。

退職代行Jobs に LINEで無料相談してみる

 

退職代行サービスは違法ではない|パワハラは違法

退職代行サービスを使うことは、クビの対象にはなりません。

あなたがごく普通に働いていれば、パワハラをしている側が圧倒的に不利。「訴えるぞ」はただの脅しです。

もう、パワハラの被害に遭うことも、あなたの人生を無駄にする必要もありません。

もうあの人の顔を見なくていいんだって思ったら、それだけで十分ですよね…

退職代行サービスに無料相談する

 

退職代行サービスで安全に仕事を辞めるポイント

退職代行サービスの仕事は「伝達」のみです。

  • 給料の支払い
  • 退職日の調節
  • 業務の引き継ぎ
  • うつ病などの労災

などは「交渉」とみなされ、弁護士法違反となるため、退職代行サービスは介入しません。

なので、給料の未払いや労災、退職金や慰謝料を請求するなら、弁護士がいる退職代行サービスを利用しましょう。

LINEで無料相談できる「汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービス

料金は高いですが、その分、法律であなたを守ってくれます。

 

  • お金はいらない
  • もう顔も見たくない
  • とにかくそっとしておいて
  • お金を積まれても関わりたくない

こんな場合には、通常の退職代行サービスで十分だと思います。

あなたがどうしたいかで選べば OK です。

 

料理人は暴力に耐える必要なし【安全に辞められる時代】

今回は【料理人は暴力を受けたらさっさと辞めるのが正解】というお話でした。

暴力で相手を支配して満足する人に付き合うだけ、時間の無駄です。

あなたのエネルギーと人生を有効に使うために、暴力を犯す人の元から早く去ってください。

今は「退職代行サービス」によって、安全に辞められる時代です。

仕事を辞めて、人生を楽しく生きましょう!

料理人におすすめの転職方法はこちら!

Twitter でモリモリ発信してます

この記事の感想をSNSでシェア!