【ワイヤレスイヤホン】AirPodsはデメリットが多い|欲しくても買わない理由

ミニマリストのわたしがAirPodsを買わない理由。それは買う前からメリットよりデメリットの方が多いと分かったからです。

物を持たない暮らしを心がける carly です。

オシャレ極まりないAirPodsですが、買う価値は本当にあるのでしょうか?

わたしはAirPodsを持っていませんが、いくらカッコよくても買おうと思いません。

なぜなら、AirPodsはコスパが悪く、メリットよりデメリットの方が多いと思うからです。

ということで今回は《多すぎるAirPodsのデメリット》をシェアします。

「カッコいいから買ったけど使い勝手が悪い… 」とがっかりしないように、ぜひ参考にしてみてくださいね💡

AirPodsはカッコいいけど、イヤホンとしては欠点が多い

Apple製品であるAirPodsはさすが、群を抜いてカッコいいです。

でも、イヤホンとしての機能を求めるなら、AirPodsを買ってはいけません。

なぜなら、AirPodsより優れていて価格が安いワイヤレスイヤホンは、他にあるからです。

デザインやファッション性を第一に考えるなら、AirPods以上のものはありません。

しかし、イヤホンとしての機能は、価格を含めても他のブランドの方が優れています。

 

あなたは

  • 納得できる値段でいいイヤホンがほしいか
  • Appleという《ブランド》を身に着けたいか

どちらでしょうか?

《イヤホン》がほしいなら、AirPodsはおすすめしません。

 

【AirPodsのデメリット】Beats X の方がおすすめ

ミニマリストのわたしがAirPodsを買わない理由は以下の6点です。

  1. 値段が高い
  2. 失くしやすい
  3. 音漏れしやすい
  4. 充電が持たない
  5. ふとした瞬間に困る

逆にこれらを満たしたワイヤレスイヤホンとして、わたしは《Beats X》を選びました。

 

AirPodsのデメリット 1.値段が高い|最安値は17,800円

AirPodsは公式で17,800円からなので、わりと高級品です。

イヤホンとしては決して高くないものの、もっと安いものがたくさんあります。

そこまでこだわらないとしても、イヤホンといえば音質が大事です。

でも、iPodやiPhoneについてくる純正イヤホンから想像できるように、AirPodsのようなインナーイヤー型イヤホンの場合、音質には限界があります。

AirPodsで聞けるであろう音質と価格が見合っていないと感じました。

 

AirPodsのデメリット 2.失くしやすい|メルカリで出品の嵐

ムダを省いたことによって

  • デザイン性
  • 持ち運びやすさ

がアップし、ケーブルの煩わしさから開放されたAirPods 。

その半面《失くしやすい》というデメリットが生まれました。

 

メルカリを見ると分かる通り

  • 片耳だけ
  • ケースだけ

のように手元に残ったものだけを出品している人が多いんです。

メルカリに出品されている片方だけのAirPods

これは失くしても替えをゲットしやすいという意味ですが、失くせば落ち込むし、替えをゲットする手間とお金がかかります。

その点 Beats X はすべてが一本のケーブルで繋がっているので、片耳だけ失くすなんて心配は無用です。

たったそれだけですが、とてもストレスフリー。

ワイヤレスイヤホンBeatsXの着用例

Beats X はフィット力が抜群!首にかけているのを忘れるくらい。

 

AirPodsのデメリット 3.音漏れしやすい|自分が気になる

iPhoneやiPodで経験済みの通り、Appleのインナーイヤー型イヤホンは音漏れします。

音漏れが公共の場で迷惑になるのは当たり前。

周りに音漏れを気にする人が奇跡的にゼロだったとしても「音漏れしてないかな?」と気になって落ち着かないのは自分です。

その点 Beats X のようなカナル型イヤホンなら、だいぶ音漏れを防げます。

公共の場でイヤホンを使うことが多い場合、AirPodsはおすすめしません。

 

AirPodsのデメリット 4.充電が持たない|スペックはBeats X の勝ち

わたしが選んだ Beats X に比べて、AirPodsは充電が持ちません。

充電はワイヤレスイヤホンの宿命ですが、できることなら最大稼働時間が長いものがいい。

  • AirPods
  • Beats X

それぞれの充電スペックは以下の通りです。

連続の稼働時間 急速充電と稼働時間
AirPods 最大5時間 15分で3時間
Beats X 最大8時間 5分で2時間

稼働時間だけを見ても、税抜き9,800円のBeats X の方が優れていますよね。

わたしはイヤホンを外で使う機会が多いので、迷わず Beats X です。

 

AirPodsのデメリット 5.ふとした瞬間に困る|耳から外せない

AirPodsの

  • 完全ワイヤレス
  • スタイリッシュなデザイン

といったメリットは《ふとした瞬間に困る》というデメリットになります。

ふとした瞬間というのは

  • 電話を取るとき
  • レジでお会計するとき
  • 道端で声をかけられたとき

などです。

そんな瞬間への対処法は

  • 外したまま手に持つか
  • 外してテーブルに置くか
  • 外してポケットに入れるか

のどれかですが、いずれも落としたり失くしたりしやすいですよね。

かといって、いちいちケースにしまうのも面倒くさい。

 

その点 Beats X はイヤホンを耳から外すだけでOKです。

イヤホンを首から下げている状態なので、失くしたり落としたりする心配はありません。

頻繁に使う物の使いやすさ加減は、こういう小さい部分で決まると思います。

 

デザインはAirPodsが最強|使い心地は Beats X が最強

デザインやミニマルさで選ぶなら、断然 AirPods です。

しかし、イヤホンとしての機能を重視するなら Beats X をおすすめします。

  • 失くしにくい
  • 良心的な値段
  • 稼働時間が長い
  • 音質がけっこう良い
  • 首にかけておけてすぐ使える

というコスパの良さがある Beats X を買って本当によかったです。

 

ミニマルで何よりお洒落な《Apple》というブランドは好きです。

それでも、わたしは Appleという《ブランド》より、イヤホンという《機能》を選びます。

Beats X が持つ機能がわたしを、色々なストレスから解放してくれるからです。

  • デザインも機能も同じくらい大事
  • イヤホンにはそこそここだわりがある

と思っている方にはぜひ Beats X を手にとってみてほしいです!

 

【AirPods】よりBeats X の方がイヤホンとしては優秀

今回は

  • AirPodsのデメリット
  • AirPodsよりBeats Xの方が優れている理由

について説明しました。

オシャレさやセンスの良さを身にまとうなら、AirPodsに勝るものはありません。

その代わりにイヤホンとしての機能は落ち、失くすリスクが高まります。

どちらを取るかはあなたの価値観次第です。

詳しいスペックは以下のリンクからどうぞ🌟

 

Twitter でモリモリ発信してます

この記事の感想をSNSでシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

お家の中と外 あらゆる無駄をゼロに近づけるミニマリスト【小さなことから生活の質を上げる】シンプルで豊かな暮らしをズボラに。▷料理人として社会に出たらすぐに挫折 → 人生に絶望→フリーランスで人生を挽回します