石鹸でシャンプー【手にカスがつく】髪がベタベタになる原因は泡立ち不足

石鹸シャンプーをはじめたけど、なんかカスみたいなのが出る!? 髪もベタベタするし、やり方が間違っているのかなぁ…   サクッと解決する方法を知りたいです。
カーリー
カーリー
こんな悩みに答えます!

 

ミニマリストのカーリーです。

エコだからはじめた石鹸シャンプー。

お酢でリンスしたらキシキシはよくなったけど、手にカスがつくまで髪がベタベタ…

こんな仕上がりでは、石鹸シャンプーを辞めたくなりますよね。

そんな悩みを抱えている方は、ちゃんと洗えてないのが原因なので、正しいやり方を覚えれば一発で解決です!

 

ということで、今回は【石鹸シャンプーで髪がベタベタ、手にカスがつくのは、石鹸の泡立ち不足が原因です】という話をします。

わたしも石鹸シャンプーをはじめて2ヶ月目になりますが、ずっと髪がベタベタ…

ドライヤーをかけるたびに手がカスだらけで、気分が落ち込みまくりでした。

でも、きちんと解決できたので、その方法をお伝えしますね。

石鹸シャンプーで髪がベタベタ、手にカスがつく方は、最後まで読んでいってください👍

石鹸シャンプーで手にカスがつく原因は石鹸の泡立ち不足

石鹸でシャンプーをしたとき、手にカスがついたり髪がベタベタしたりするときは、石鹸の泡立ちが少ないことが原因です。

わたしも石鹸シャンプー後のベタベタに悩まされていましたが、石鹸をたっぷり泡立てて洗ってみたら、見事に解決できました!

「石鹸でシャンプーするときはよくすすげ」と聞いていたので、石鹸を使いすぎないようにしなきゃ、と思っていたんですよね。

でも、そのビビリが逆効果でした。

石鹸は泡に洗浄力があるので、たっぷり泡立てないと意味がない!

泡立ちが足りないと、石鹸は洗浄力を失ってカスになってしまいます。

その結果が、手についたカスや髪のベタベタだったわけです…

 

なので、石鹸シャンプーをしていて

  • 髪がベタベタする
  • なんか髪が重い感じ
  • 髪を乾かした後の手にカスがつく

こんな悩みを持っている方は、ぜひ石鹸をしっかり泡立てて洗ってみてください。

わたしは一発で解決しました。

 

【石鹸シャンプー】髪がベタベタする原因は主に2つ

そもそも、なぜ石鹸シャンプーで髪がベタベタするのでしょうか?

原因は主に下記の2つです。

  1. 脂肪酸
  2. 酸性石鹸

どちらもいわゆる「石鹸カス」ですが、できる原因が違います。

 

石鹸カス【すすぎ不足】脂肪酸

石鹸シャンプーをしたときにすすぎが足りないと、脂肪酸という石鹸カスができます。

脂肪酸は、石鹸が酸性や中性の水に触れるとできるカス。

つまり、石鹸がしっかり洗い流せていない状態で酸性のリンスをすると、脂肪酸という石鹸カスができるんです。

 

石鹸カス【泡立ち不足】酸性石鹸

酸性石鹸という石鹸カスは、頭髪の汚れに対して石鹸が少ないときにできます。

ベタベタしているグレーっぽいカスは、酸性石鹸です。

これが、髪を乾かしたときに手についたカス!

石鹸が少なくて、頭皮の汚れに負けちゃったんですね…

酸性石鹸は、バスタブの縁や洗面器などにもこびりつくので、風呂そうじも厄介です。

 

石鹸シャンプーで手にカスがつくときの対処法2つ

石鹸シャンプーをした後、髪がベタついたり手にカスがついたりするときの対処法は、下記の2つです。

  • しっかりとすすぐ
  • たっぷり泡立てて洗う

先ほど説明した「石鹸カスができる原因」に合わせて、対処しましょう。

もちろん、シャンプーする前にブラッシングしたり、お湯で予洗いしておいたりすることもお忘れなく。

 

【脂肪酸】しっかりと洗いで石鹸を落とし切る

お酢などでリンスをする前に、しっかりとすすぐことが大切です。

石鹸を落とし切っていない状態でリンスをすると、脂肪酸という石鹸カスができます。

なので、石鹸でシャンプーをしたら、頭皮や根本を中心にしっかりとすすぎましょう。

わたしは毛量が多いので、毛の間にすべての指を差し込み、頭皮をモミモミするように念入りにすすぎます。

シャワーで3~4分くらいすすげば十分でした。

 

不安な方は、シャンプーブラシを使いながらすすぐとよさそう。

このブラシはシリコンなのでわりと安心ですし、頭皮までしっかりモミモミできます。

 

【酸性石鹸】石鹸をたっぷり泡立てて髪を洗う

石鹸はケチらずビビらず、たっぷり泡立てて洗うことが大切です。

石鹸の泡立ちが少ないと、石鹸が頭髪の汚れに負けて酸性石鹸としてこびりつきます。

なので、スーパーサイヤ人くらいに、石鹸を泡立てて洗いましょう。

 

おすすめは、髪と頭皮をしっかり濡らした後に、固形石鹸を直接こすりつけるやり方。

はじめは直接こすりつけたら石鹸が残りそう、と思って泡たてネットで泡立てた石鹸を髪に揉み込んで、シャンプーしていました。

でも、それは失敗だったので、今は固形石鹸を直にこすりつけて洗っています。

今はもらい物を消費するためマルセイユ石鹸を使っていますが、次はアレッポの石鹸を使いたいです。

アレッポの石鹸はパーム油を使っていないので、動物や環境に優しいかと。

 

【要注意】硬水は軟水よりも石鹸カスができやすい

  • よくすすぐ
  • よく泡立てる

これを意識して石鹸シャンプーをしても、石鹸カスができる場合があります。

それは「硬水」です。

日本のほとんどは軟水なので心配する必要はないかもですが、海外では硬水のところも多いので、場所によってはどうしても石鹸カスができることも。

 

【金属石鹸】泡立ちが悪いと石鹸カスができやすい

硬水には、多くのカルシウムイオンやマグネシウムイオンが含まれています。

このミネラル分と石鹸がくっついてできるのが「金属石鹸」という石鹸カスです。

金属石鹸は白っぽい水垢のような汚れで、シャワーノズルや蛇口などにこびりつきます。

 

石鹸でシャンプーするときに「金属石鹸」が発生するとどうなるか。

石鹸が泡立たないと、たくさんの石鹸を使わないといけません。

でも、水に含まれるミネラルが泡立ちを邪魔するので、使う石鹸の量は増えても泡は増えない、という状態に…

結果として、汚れは落ちないわすすぎ切れないわで、頭は石鹸カスだらけです。

 

固形石鹸が泡立ちやすい

硬水は軟水に比べて、どうしても石鹸カスができやすいですが、石鹸シャンプーを諦める必要はないと思います。

だって、石鹸シャンプーって、軟水をもつ日本だけの習慣じゃないですからね。

今の合成シャンプーがない時代は、どこの国でもみんな石鹸でシャンプーをしていたはず。

 

硬水の地域で石鹸シャンプーをする場合は、

  • しっかり泡立てる
  • よくすすいでからリンス

をとくに意識する必要があると思います。

液体石鹸を使っている方は、固形石鹸に切り替えてみるとか。

シャワーを使っているなら、洗面器にお湯をためてすすいでみるとか。

諦める前に、できる範囲で工夫してみる必要がありそうですね。

 

【石鹸シャンプーのコツ】よく泡立ててしっかりすすぐ

今回は【石鹸シャンプーで、手にカスがついたり髪がベタベタしたりする原因は、石鹸の泡立ち不足が原因です】というお話でした。

石鹸シャンプーの後、手にカスがついたりベタベタしたりする場合は、石鹸をたっぷり泡立てて洗っているか、すすぎ残しがないかを確認しましょう。

石鹸をケチったり泡立てずに洗ったり、すすぎが足りなかったりすると、石鹸カスができて髪がベタベタに…

その結果、手にカスがつきます。

石鹸でシャンプーするときは、しっかりと泡立ててよくすすぐことが大切です。

 

参考サイト

● http://sekken-life.com/life/shampoo.htm

https://www.live-science.com/honkan/soap/soapbasic09.html

 

Twitter でモリモリ発信してます

この記事の感想をSNSでシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

HSPな執筆家です|ミニマリスト【料理人として社会に出たらすぐに挫折 → 人生に絶望→なりゆきでフリーライターに転身し、人生を挽回中|趣味はブログと読書、妄想】エコと健康を意識して以来ヴィーガン料理にどハマっており、Twitter にて魅力を発信しています。