「坐骨神経痛なら仕事を休め」20代で寝たきり2週間仕事を休んだ体験談

20代半ばで坐骨神経痛を患って、まるまる2週間仕事に行けなかったcarlyです。

わたしは坐骨神経痛とぎっくり腰をやるまでは、20代って無敵だと思っていました。

あなたは今まさに

  • 坐骨神経痛になってしまい、寝るのも起きているのもつらい
  • 仕事なんて行ける状態じゃないけど休みづらい・・・

と思って、痛いのを我慢して仕事に行こうとしてませんか?

休んでいても事が気になったり、職場のみんなにイヤミを言われるのが怖かったりしますよね。

人手不足や溜まりまくった仕事のせいで、たかが腰の痛みで休んでいられない!と思うでしょう。

しかし、坐骨神経痛になって2週間も仕事を休んだわたしの経験から、マジメなあなたに「坐骨神経痛になったら休むべきだ」と訴えます。

なぜなら、わたしもあなたと同じように考えて仕事へ行った結果、余計に症状が悪化して、休養が長引いたからです。

軽いぎっくり腰を放置した結果、坐骨神経痛に発展

わたしが坐骨神経痛になったきっかけは、元をたどれば「ぎっくり腰」が原因でした。

残念ながら、カイロプラクティックの先生も明確な原因まではわからず…

当時は飲食関係の立ち仕事をしていたので、長時間の立ちっぱなしや重いものを持つことは当たり前。

軽いぎっくり腰になったのは、いつもと同じように仕事をしていたある日の晩です。

いつもと同じようにクソ重い寸胴(自分が入れるくらいの鍋)を持ち上げたときでした。

その時です。

腰からのイヤな音とともにその体勢から動けなくなったのは。

 

その瞬間はいろんな思考が頭をよぎって、軽い幽体離脱状態。

  • これがウワサのぎっくり腰か
  • このままずっと動けず、朝まで誰にも発見されなかったら恥ずかしいな
  • 明日から仕事できなくなったらどうしよう

自分の体よりも仕事のことを気にするなんて、もう取り憑かれてますよね。

そのときは症状も軽く、少しそのまま休んだら動けるようになったので、翌日も腰を庇いながら仕事をしました。

しかし、今思えばこれがすべての始まりだったのでは、と思うのです。

 

症状は軽かったけど、その後も不調が続いて・・・

人生初のぎっくり腰から3ヶ月ほどは、いつまたぎっくり腰に襲われるかもわからない不安を抱えながらも、いつも通りに仕事をこなす毎日でした。

幸か不幸か軽いぎっくり腰だったので、腰の異常な違和感・痛み・腰を曲げられないという状態からは、3日くらいで抜け出せていましたし。

 

しかし、慣れとは恐ろしいもので、時間が経ったことで不調が当たり前になっていて「自分がぎっくり腰をやった」なんてことを忘れかけていたのです。

その頃から、ソファやイスに30分も座っていると腰が痛くなる、という状態が慢性化していました。

地味に辛かったのですが

  • もう若くないから仕方ないか…
  • 疲れが溜まっているな

などと、自分のからだの異常を見て見ぬふりしていたのですね。

 

ぎっくり腰になってからは

  • 重いものを持つときは、ヒザを必ず曲げて引き寄せて持つ
  • ソファには座らない
  • イスに座るときは深く腰掛けて、腰と足を90℃に保つ

などに気をつけて生活していましたが、意識して姿勢をよくする!というのは思ったより大変。

一瞬だけ思い出してシャキッとしても、数分後にはまた腰が前に滑り出したり背中が丸まったりして、すぐに背中や腰が痛くなります。

「ぎっくり腰って一度やると治らないっていうけど、こういうことか」と、腰痛持ちの仲間入りをしてしまったことに諦めモードに突入。

ついに坐骨神経痛を発症し、2週間の寝たきり生活

ぎっくり腰を経験してから半年も経った頃、わたしはついに「坐骨神経痛」を発症してしまいます。

人によって発症の原因やタイミングは様々かと思いますが、わたしの場合は仕事終わりに家で寝転びながら本を読んでいたときでした。

 

腹ばいで上半身を起こして本を読む状態が腰に悪いとは聞いたことがありましたが、中学の頃から続けていた習慣だったので、本当に何気ない日常の中で悲劇は起こりました。

ちょっと腰をひねったら「グリっ」とイヤな音がして、軽い痛みが…

そのときはなんともなかったので普通に生活しましたが、次の昼にはもう普通に立つことすらままならない状態になってしまいました。

そこから

  • 1週間の寝たきり生活
  • 仕事は2週間も休むハメに
  • 母に靴下を履かせてもらうという「逆介護」状態

20代半ばにしてこんな日がくるとは、誰が想像できたでしょうか。

 

坐骨神経痛の痛みは「なった人にしか分からない」

職場の平均年齢が上がるほど、坐骨神経痛がどんなものかを知っている人は多いのですが、実際になったことがある人は少数派です。

  • 坐骨神経痛とぎっくり腰ってどう違うの?
  • 歩けないほど痛いんでしょ?
  • どれくらいで治るの?
  • どんな感じで痛いの?

当然ながらぎっくり腰と同じように、本人にしかその痛みは分かりません。

痛みにも軽症~重症までありますし、痛みの部分も違う、個人の痛覚の感じ方にもよりますよね。

 

そりゃあ拳銃で撃たれたり、包丁で腹を刺されたりする方がよっぽど痛いとは思います。

でも、坐骨神経痛の痛みはそういう瞬発的な痛みとは種類が違うので、比べてはいけません。

かなり重度の坐骨神経痛になると、痛みに耐えられなくて救急車を呼ぶ人も少なくないみたいですし、痛み止めの注射を何度も打たなくては我慢できないというケースも。

そうなれば歩くどころか、自分でトイレに行くこともできないし、寝ているだけでも拷問のようですよね。

 

坐骨神経痛の症状をざっくりと説明すると、以下のような感じ。

  • 左右どちらかのお尻の付け根がつねに痛い
  • ふとももから膝下の裏側の筋肉が緊張していて、伸ばせない
  • 痛みとしびれ
  • 横向いても上向いても痛い
  • なにしても痛い
  • トイレに行くのも拷問並みにつらい
  • 痛みで眠れない

わたしの場合はそこまで重症ではありませんでしたが、左のお尻の付け根に激しい痛みが出ていたのがつらかったです。

それに加えてふとももの裏側の筋肉が異常にパンパンで、前屈がまったくできない状態でした。(だから母に靴下を履かせてもらう… )

地味ではありますが、神経を刺激する痛みが常にあるという状態はとてもツラい…

これは本当に、なった人にしかわからないですよ。

 

痛みより「仕事を休んでいる」という精神的プレッシャーがやばい

坐骨神経痛の症状が出たはじめの1週間は

  • ご飯を食べるためにイスに座るのも
  • 起き上がるのも

1分も保たないような状態でした。

横になっているのが一番ラクではありましたが、左を向こうが右を向こうが常に痛かったです。

ひどいときは、痛みで夜もろくに眠れませんでした。

体に痛みがあると頭を使って考え事もできないし、同じ姿勢を1分も保っていられないので、本やスマホで読書もできない状態です。

 

ただ痛みに耐えるというムダでしかない時間を2週間も過ごすという、精神的プレッシャーはめちゃくちゃキツイ…

わたしの場合、アルバイトでさえ好きなときに休めないのに、年末年始の大忙しのタイミングで2週間も休んだのですから。

休んでいる間は、まったく給料が発生していないわけですし。

お局モンスターになにを言われるか想像しては気分が沈み、痛みに心をすり減らし…

まったく休んだ気にはなれませんでした。

「失ってからはじめて気づく」とはいいますが、このときほど

  • 自分が今までいかに健康体だったか
  • 普通に体を動かせる状態が幸せか
  • 健康は「有限」である
  • もう若くはない

という現実に直面した瞬間はありませんでしたね。

 

坐骨神経痛になったら仕事なんてできない

わたしが坐骨神経痛を発症してから1週間は、ほぼ寝たきりの生活でした。

しかし、職場からは

  • いつ来れる?
  • 明日は来れる?
  • 病院はどうだった?

そんなに急かせれたら、休んでいても気が気じゃありません。

ただでさえ罪悪感を感じているのに、それ以上プレッシャーをかけないでほしい…

とにかくメンタルがやられる期間です。

 

そして4日目に「明日はどうしても出てほしい」とマネージャーに言われたわたしは、痛みを我慢して仕事へ。

立ち仕事であっちへ行ったりこっちへ行ったり、同じ場所で同じ作業を続けたり…

職場に行ったものの、3時間でリタイアしました。

  • 仕事を増やしにきたのか
  • だったらはじめから来なければよかったのに
  • 仮病じゃなかったんだw
  • そんなに痛いの?甘ちゃんね

といわれても仕方ないけど、わたしのせいではないし、そんな問題ではありません。

あえて誰かのせいにするなら「来い」といったマネージャーのせいでしょう。

そのせいで(というつもりはありませんが)わたしはこの事件の後、さらに1週間も仕事を休むことになったのです。

 

坐骨神経痛になったら、立ち仕事・デスクワーク関係なく休め

声を大にしていいますが、坐骨神経痛になったら仕事なんてできません。

自信を持って「痛いので仕事には行けません」と主張しましょう。

上司相手にきっぱりとムリです!と伝えるのは、怖いはずです。

しかし、あなたの仕事はどうでしょう。

健康体でも毎日疲れませんか? 階段登るのしんどいなとか、同じ姿勢で体がガチガチだとかありませんか?

体になにも異常がない人でも仕事は疲れますよね。

なのに、同じ業務を坐骨神経痛を発症した状態で完ぺきにこなせるでしょうか。

 

坐骨神経痛になったら、立とうが座ろうが同じ姿勢を1分とも保てません。

そんな状態なのですから、立ち仕事・デスクワークに関わらず、仕事なんてできませんよね。

坐骨神経痛を治すには、とにかく痛みが和らぐ姿勢で休みましょう。

わたしは無理して仕事に行ったせいで、仕事ができるようになるまでに2週間もかかってしまいました。

 

坐骨神経痛はどのくらいの期間で治るのか?

わたしの経験から訴えたいことは、無理をすれば結局、仕事に復帰するまでに余計な時間がかかってしまうということです。

ここに来てくれた方は、

  • 痛いけど休んでもいいのか
  • 腰痛なんかで休んだら色々いわれそう
  • みんな大変な思いをして働いているのに、自分だけ休んでいられない

という風に思っているでしょう。

もちろんそれに関しては、自分の責任感やマジメさを褒めるべきだと思います。

 

しかし結局は、坐骨神経痛の痛みは「炎症」なので、それが治まるまでは非常にツラいです。

炎症が治まるまではしっかり休まないと、人並みの生活を送れません。

「じゃあ、いったいどのくらいの期間休めばよくなるの?」と気になりますよね。

目安としては最低でも1週間、重症で長い場合だと1ヶ月以上かかることもあります。

わたしの場合はカイロプラクティックに週2回ほど通って、多少の痛みはありましたが10日経つ頃にはふつうの生活ができるようになりました。

 

坐骨神経痛の痛みや症状を治す方法

坐骨神経痛の痛みが出てしまったら、ストレッチや痛み緩和の体操などで無理に動かすのはNGです。

痛みの原因は、骨盤や背骨の歪みや変形によって、触れてはいけない神経に触れてしまっている状態であることがほとんど。

この変形や歪みをわたしたち素人が自力で戻すことは、ほぼ不可能です。

まずは、触れてしまった部分の炎症を和らげることを最優先しましょう。

 

「炎症」はその部分が熱を持っている状態なので、お風呂に浸かって温めるというのは、返って逆効果。

整形外科などへ行くと湿布をもらうことがありますが、炎症を起こした部分は冷やすのが効果的なのですね。

わたしはあまり効果がありませんしたが、痛みが和らぐのであれば、氷で冷やすのもいいかもしれません。

 

坐骨神経痛には「整形外科」

このようなマイナーな症状が出たとき「病院は何科に行けばいいの?」と悩んでしまいますよね。

からだの運動機能系に問題があるときには、整形外科へ行きましょう。

形成外科と間違いやすいですが、形成外科はやけどやアザなど皮膚の表面を治したり、生まれつきの骨の変形を治したりする病院だそう。

からだの内側に問題があって痛みがあるときは、整形外科へ。

 

ほとんどの場合はレントゲンをとり、症状に合わせて痛み止めの薬や注射、湿布などの処方を行ってくれます。

が、わたしはあまり効果を実感していません。

以前、肩こりと背中の痛みで整形外科へ行ったことがあるのですが、その場の痛みをしのぐためだけの処方という感じがして、原因が解決できなかったからです。

そのためにわたしは、定期的にカイロプラクティックに通っています。

 

坐骨神経痛の症状にはカイロプラクティックがおすすめ

軽いぎっくり腰を発症してから「やばい、また整体に通わないと」と思いはじめたわたしは、地元で評判のカイロプラクティックに通うことに。

地元に戻る前は東京に住んでおり、ずっと整体に通っていたのですが、このときはずいぶんご無沙汰になっていました。

だからギックリになってしまったのか、とも思いますね。

 

わたしがなぜカイロプラクティックをおすすめするかというと、カイロプラクティックは自然治癒力を高めるための施術だからです。

「いやいや、坐骨神経痛で動けないくらいツライのに、自然治癒力とかいってる場合じゃないでしょ!」と思うかもしれません。

実際にプロの医者からすれば、整体やカイロプラクティックは「ヤブ医者的存在」なのでしょう、おすすめしないとのこと。

しかし、カイロプラクティックは背骨に直接アプローチすることで、体が本来あるべき状態に戻すことが目的です。

 

ふだん何気なく暮らしているだけで、からだは無意識の内に歪みまくっています。

  • 背骨がちょっと左に傾いている
  • 骨盤がやや右にせり出している
  • 首がまっすぐ気味になっている

ほんのちょっと歪んでいると、背骨に沿った太い神経が刺激され、背骨のつなぎ目の温度がちょびっとだけ上がります。

それがもう、すでに「炎症」のサイン。

このサインが長年かけて蓄積されると、慢性的な

  • 肩こり
  • 腰痛
  • むくみ
  • 冷え性
  • 便秘
  • 生理痛
  • 偏頭痛

に悩まされるというのです。

月に1回の施術で背骨を正しい位置に戻すことで、これらの慢性的な痛みや不快感をとり除けます。

坐骨神経痛に関しても同じで、からだの歪みや骨の変形などが原因で起こるので、背骨や股関節をみてもらって原因を探ってもらいました。

 

実際に施術を受けてすぐに痛みが減りましたし、短時間ならまともに歩けるようになったのです。

きっとふつうに整形外科に行っていたら、湿布をもらって終了。

こんなにも早く仕事へ行けるようにはならなかったでしょう。

カイロプラクティックは背骨に直接アプローチするので毎日は通えませんが、仕事復帰するまでに3回通ってほぼ元通りに。

からだの癖を知ることで痛みの予防にもなりますし、施術後はからだがとても軽いですよ。

坐骨神経痛の症状がなくなってからも、月に1回メンテナンスとして通い続けています。

肩こりや腰痛が当たり前、もう一生治らない、なんとかごまかして生きていく。

そう誓った人こそ、カイロプラクティックを試してほしいです。体の痛みは解消できます。

わたしと同じように手遅れになる前に、あるべき生活を手に入れるために、カイロプラクティックで定期的にメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。

引用:カイロプラクティックの効果は?月に1回通うだけで肩こり・腰痛がなくなる

施術後のからだの軽さが病みつきになって、カイロプラクティックに通うのが楽しいです。

これも本当に、経験した人にしか分からない快感ですね。

 

若くても体を壊すし、仕事を休むことも必要だ

わたしは坐骨神経痛になったことで、自分の働き方や料理人としての人生を深く考えました。

  • 20代の若さでも体は壊す
  • 若さに任せっきりになっていると、体が歳をとったことに気づかない
  • 体を壊して働けなくなり、後悔する
  • どんな仕事をしていても健康がなにより大切

坐骨神経痛で2週間、仕事を休んだことで以上のようなことを学びました。

若いのはいいことだし、若いときにしか発揮できないパワーやエネルギーがあることは確かですよね。でも、

  • 若さゆえに無理がきくこと
  • 「若いから大丈夫」をたかをくくる

ことは、まったくの別物です。

それは体の痛みだけじゃなくて、仕事・人生など色んなことに共通します。

そこでわたしは、日常生活から予防対策をしてみようと「アーユルチェアー」を購入してみました。

座る時間が長い現代人の生活スタイルなので「正しい姿勢を保つことが健康にも大事!」ということで、イスはかなり重要なアイテムです。

👉アーユル チェアー」を詳しく知る!

 

アーユルチェアーのおかげでライターの仕事を長時間座ったまま続けても、腰の痛みが減ってきました。

このように、日々の何気ない生活習慣に気を使うことで、腰痛や坐骨神経痛などの痛みも改善できるんですね。

デスクワーカーはもちろん、立ち仕事でも日常生活から腰痛や体の歪みを予防したい!という人なら知っておくべきイスですよ!

👉アーユルチェアーについてはこちらの記事>>>>【アーユルチェアーの感想】座り方のコツを押さえて腰痛を解消

 

20代はまだ若いと自分でも思いますが、若くても体調を崩したり体が痛くなったりすることは、生きていれば避けては通れませんよね。

今回の件ではそういう考えを柔軟に持つことも、働きやすい環境をつくるうえで欠かせないことだと感じました。

とにかく、坐骨神経痛になったときはすぐに仕事を休んでください。

それがあなたの早い回復にも必要なことだし、仕事への復帰にも一番の近道になるということを忘れないで下さいね。

Twitter でモリモリ発信してます

この記事の感想をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です