【Kindle Unlimited 無料体験のレビュー】読書好きには意外とビミョー

月額980円で12万冊以上の和書が読み放題になるKindle Unlimitedを1ヶ月つかったレビューです。実際に使ってみた経験から、Kindle Unlimitedに向いている人についてまとめました。

フリーライターcarlyです。

以前「海外からKindle Unlimitedに登録してみたよ!」という記事を書きました。

30日間は無料ですし、読書にそこまで興味がない人でも登録する価値はあります。

実際にわたしもKindleを持ってはいますが、月に3~5冊くらいしか買っていないライトユーザーです。

でもKindle Unlimitedに登録してからはたしかに読書量は増えたし、今までに読もうとすら思わなかったジャンルの本を読んでいます。

引用:海外からKindle Unlimitedを登録する方法!たった1分で12万冊以上が読み放題になる魔法

Kindle Unlimitedは月に980円でウン万冊の本が読み放題になるとあって

  • 本が好き
  • 読書が好き

という人であればかなりそそられるはず。

しかし、一番気になるのは「本当に月980円の価値があるのかどうか?」ということですよね。

自分の読みたい本が1冊もなければ月額がムダになりますし、結局は1冊ごとに購入した方が知りたい情報を得られるので満足度も高いのではないか…

 

ということで、本を読むのはそこそこ好きなわたしが1ヶ月間Kindle Unlimitedを使ってみて

  • こんな人であれば月額980円でもムダではない
  • こんな人であれば980円以上の価値が得られる
  • こんな人だったら絶対におトク!

という、Kindle Unlimitedに向いている人・登録すべき人の特徴をお伝えします。

この記事を読めば、どんな人が読み放題を楽しめるのかがわかりますし、上手なKindle Unlimitedの使い方がイメージしやすくなるはずです。

では、さっそく本題に入っていきましょう。

【4タイプ】Kindle Unlimitedはこんな人におすすめ

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上の日本語の本が読み放題になるサービスです。

これはサービスがはじまった当初の数字なので、今ではもっと多くの和書が読めるようになっています。

この数字をみれば、読書好きでない人も

  • なんかすごくおトクなのでは?
  • 読書が好きな人にとっては夢のようなサービスなんだろう

と興味をそそられますよね。

 

しかし、わたしが無料体験をしてみてわかったことは、Kindle Unlimitedはすべての読書好きにおすすめのサービスではないということです。

むしろ、Kindle Unlimitedは「そこまで熱心な読書家ではない」という人の方が向いているサービスだと思っています。

 

本屋に行く時間がないから手軽に本を買いたい人

Kindleの魅力はなんといっても、

  • 本屋に行かなくても本が買える
  • 通販で本を注文したり宅配便を待ったりしなくていい

というメリットにあります。

Kindleで読む本はすべて「データ」なので、紙の削減にもなってとてもエコ。

紙の本とは違って押入れのスペースをとることもなく、引っ越しでダンボールが少なくなります。

老後の身の回り整理(終活)にも役立ちそうですね。

 

さらに、月額980円で本が好きなだけ読めるので、値段を気にして本を選ぶ必要がありません。

本屋に行って本を選ぶ場合、タイトルと値段をみた後に中身をパラパラめくって、自分に必要な情報が書かれているかをチェックしますよね。

読み放題であれば、ちょっとでも気になるタイトルがあればすぐに読めます。

  • 月に980円しかかからないという、読むまでのハードルの低さ
  • つまらない、要らない情報しかない場合は遠慮なく投げ出せる


この2点は本を選ぶための時間を短くし、より自分が必要とする情報に出会えるチャンスが巡ってきやすくなるということです。

仕事で忙しい人であれば、本屋であーだこーだと悩む時間ももったいないと感じるはず。

疲れていて本屋に立ち寄る元気がない人だって多いはず。

  • 本屋に行くのがめんどう
  • 時間がもったいない

という人は、Kindle Unlimitedを使うことで読書がはかどること間違いなしです。

 

読書をしたいけど、どんな本を読めばいいかわからない人

本を読むのが好きな人の多くは、

  • 知識を広げたり
  • 必要な情報を集めたり

することを目的としています。

しかし、そのような人たちとは真逆タイプで、

  • 現実世界の悩みや心配事を忘れたり
  • ファンタジーの世界に入り込んだり
  • いい未来を妄想したり

するのが好きな人もいますよね。

とくに後者の場合、本を読むという行為は好きだけど

  • なにを読めばいいかわからない(明確なタイトルがわからない)
  • その本がほんとうに自分に役に立つか不安

という壁があると、日頃のやるべきことに圧倒されて読書を先延ばしにしてしまいます。

ツイッターやインスタグラムを無限に触ったりYou Tubeみたり、ニュースサイトを巡ったりね。

carly
これ、自分です。

 

Kindle Unlimitedであれば目の前に棚いっぱいの本が用意されているので、どんなタイトルを読めばいいのか悩むヒマすらありません。

先ほどもちょっと触れましたが、おもしろくなければ途中でいくらでも止められるので、気になった本は片っ端から開いてみればいいのです。

棚に本が並んでいる限り、必ず自分がこれだ!と夢中になれる本に出会えます。

これは本屋で表紙やタイトルだけで買う本を決めるのとは違ったワクワク感がありますね。

 

雑誌を毎月1冊以上読む人

Kindleにはたくさんの本がありますが、おどろいたことに雑誌の品揃えが豊富なんです。

2018年5月現在は、以下のような雑誌がKindle Unlimitedの対象となっています。

  • mina(女性ファッション)
  • オレンジページ(料理レシピ)
  • デジモノステーション(家電)
  • 週間テレビジョン
  • JELLY(女子ファッション)
  • 声優グランプリ
  • GO OUT(アウトドア)

雑誌の種類は少ないかもしれませんがバックナンバーもかなり揃っているので、かなりお得に読めますね。

ふつうに購入すると1冊600円くらいするので、雑誌をたくさん読みたい人はKindle Unlimited向きです。

 

ただし、雑誌は端末によっては見づらくなるので注意しましょう。

スマホでもアプリを使って読めますが、スクロールしまくる必要があるのでストレスですし、Kindle Paperwhiteは白黒なうえに画面が小さくて読みづらい。

雑誌を読むときに一番おすすめなのは、Fire HD 8のようなタブレット端末です。

ノート1冊分くらいのタブレット端末に雑誌の1ページがどーんと映し出されるのは、読みやすいですしとても気持ちいいですよ。

 

暇だからとりあえず本を読みたいという人

ヒマな人といっても色々ですが、

  • 誰かとの待ち合わせの時間がヒマ
  • 家にテレビやパソコンがなくてヒマ
  • とくに趣味がなくて、なにかに没頭したい
  • パチンコや競馬よりも健康的で役に立つことがしたい

という感じのヒマな人には読書をおすすめします。

Kindleをカバンの中に入れておけば、待ち合わせ時間までの10分が読書タイムに早変わり。

Kindleは一度に何百という数の本を持ち歩けるにも関わらず、紙の本1冊と同じくらいの重さなんです。

厚みでいえば圧倒的にKindleの方が薄いですし、カバンの中でも邪魔になりません。

 

Kindleのメリットについては、以下の記事に詳しく書いているのでぜひ読んでみてくださいね。

引っ越しをきっかけに思い切ってkindleを購入。

良いところも悪いところもあるけど、明らかにメリットの方が価値が高いです。結果的にはめちゃくちゃ満足していますからね。

ということで今回は、kindle目線での説明になりますが、電子書籍リーダーの購入を悩んでいるあなたにkindle購入のメリット・デメリットをお伝えします。

引用:紙の本より電子書籍リーダーkindleを選ぶべき15のメリット、9のデメリット

Kindle Unlimitedに登録すれば、月額980円で好きなだけ読書でヒマをつぶせます。

自分が興味のあるジャンルの本はもちろん、お金を出してまで読もうとしないはずの本に触れられるのがKindleのメリットです。

 

スマホやテレビもいいですがどうしても情報が偏ってしまいがちなので、Kindle Unlimitedの対象の本から幅広く情報を手に入れるというのもアリ。

なんとなくスマホやパチンコで時間を潰すくらいなら、本を読んで知らない世界や未知の体験に触れてみるのがおすすめです。

Kindle Unlimitedはこんな人にはおすすめしない

さて、ここまではKindle Unlimitedを登録するべき!という人のタイプを4つ紹介しました。

一方で、こんな人には向いていないなと感じる部分もあるので、そちらについても解説しておきましょう。

わたしも一部あてはまるので、Kindle Unlimitedを継続するかどうかを最後の最後まで悩みました。

 

好きなジャンル・読みたい本が明確に決まっている人

Kindle Unlimitedに限らずKindle本全般にいえることなのですが、日本語の本が12万冊以上あるからといって自分の読みたい本に出会えるとは限りません。

読みたいタイトルが決まっていてもKindleストアで売っていなければ買えませんし、たとえ販売していてもKindle Unlimitedの対象になっていなければ、1冊ごとに購入する必要があります。

これはこういうものだと受け入れるしかないのですが、地味にストレスが溜まりますよね…

 

そのため、読みたい本が決まっている人はKindle Unlimitedに頼るのではなく、初めから1冊ずつ購入するのがおすすめです。

わたしも読みたい本がKindle Unlimitedの対象ではなかったので、何冊かは別個で買いました。

本を探すたびに喜んだり落ち込んだりするのも疲れてしまいますから…

「読みたい本がKindle Unlimitedの対象だ!」ということは稀なので、読み放題はあくまでおまけ程度に考えておくとストレスが溜まらずに済みます。

 

 本を読むときと読まないときがバラバラ

  • 熱しやすく冷めやすい人
  • ハマれば長いけれど飽きると戻ってくるのに時間がかかる人

にもKindle Unlimitedはあまりおすすめしません。

一度Kindle Unlimitedに登録すれば、解約するまで毎月980円かかります。

お金があり余っている!という人であれば別ですが、ほとんどの人はそうでありませんよね。

なので、毎月お金がかかるという点からすれば、ある程度は本を読むのが習慣になっている人への方がおすすめしやすいサービスではあります。

 

Kindle Unlimitedを使って月に5冊読むときはいいですが、まったく読まないのであれば980円分がもったいないですからね。

carly
980円だとお腹いっぱいに定食ランチが食べられる!
  • 読書より優先すべきことがたくさんある人
  • 読書より楽しいこと・好きなことがハッキリしている人
  • 読むときは読むけど、読まないときはまったく読まない人

にはKindle Unlimitedをおすすめしません。

このようなタイプの人は本当に読みたい本だけを読む方が余計なお金がかからずに済みます。

Kindle Unlimitedに登録だけしておいて使わないのであれば、

  • いつか解約手続きをしなくちゃ
  • 読みたい本があったな、時間をつくって読まなきゃ→積ん読(つんどく)

など、やるべきことやストレスが増えてしまうだけです。

 

Kindle Unlimitedには向き不向きがある

いかがでしたか? あなたはどんなタイプでしょう?

Kindle Unlimitedは本が読み放題になるという画期的なサービス。

ランチ一食分で日本語や英語の本が制限なく好きなだけ読めるとあって、本を読むのが好きな人はもちろん、読書にそこまで興味がない人でもそそられますよね。

しかし、そのメリットとデメリットがゆえに誰もがいい!と思うサービスではありません。

 

今回紹介したKindle Unlimitedに向いているタイプの人は、

  • これまでより本を読む時間を多くとれる
  • 自分じゃ買わないようなジャンルの本に挑戦する
  • 次はどんな本を読もう?と迷うヒマがない
  • 本屋や通販を使うより早く情報を手に入れられる

などのメリットが受けられます。

Kindle本体やアプリを持っていれば、登録するのにかかる時間はほんの数十秒だけです。

 

さっそく、30日間の無料体験で自分に合っているかを確かめてみましょう。

▼詳しくはこちらの記事>>>>海外からKindle Unlimitedを登録する方法!たった1分で12万冊以上が読み放題になる魔法

↑こちらの画像からもKindle Unlimitedに登録できます!

carly
Kindleについては以下の記事も!

 

この記事の感想をSNSでシェア!