断捨離できない|理由と対策の方法【無理なく物を捨てるコツ】

面倒くさがり屋でもできる!断捨離を成功させる3つのステップ
「物を捨てたいけど捨てられない」「片付けが進まない」という人へ向けて、断捨離を無理なくこなすためのヒントをお伝えします。

ミニマリスト化中の carly です。

「部屋の片付けをしたい!」と思っているあなたは、こんな風に悩んでいませんか?

  • 時間も手間もかかりすぎ
  • 物が多すぎて途方に暮れている
  • どこから手を付けたらいいか分からない

わたしも断捨離の前は、あなたと同じように白目になっていました。

どれくらいの物があるかを想像しただけでゾッとし、思わず先延ばしにしたくなりますよね。

そんなこんなで物が溜まりに溜まり、今日まで来てしまったわけですが…

 

ということで今回は《断捨離を無理なくこなすコツ》をお伝えします。

わたしは断捨離を始めて1ヶ月目。

まだまだ時間がかかりそうですが、今回の方法を実践しているので次の断捨離が楽しみです。

あなたもストレスフリーで断捨離し、広々としたキレイな部屋で暮らしましょう!

断捨離できない理由|その心理は絶望と自己嫌悪のループ

断舎離したくてもできない心理は

  • 多すぎる物への絶望
  • 片付けられない自分への自己嫌悪

大きく以上の2つに分けられます。

ひとつはとにかく物が多すぎて、どのくらいの時間と労力をかければキレイになるのか検討がつかないことによる《絶望》です。

その絶望の矛先は、そんな状況を作ってしまった《ダメな自分》へと向きます。

 

「こんなに物を溜め込んでしまった自分ってダメだな… 」

「片付けられない自分って、なんてだらしないんだろう。」

「よし。今度こそムダな物は買わないし、片付けもきちんとする!」

そんな風に思いながらも、衝動買いや物欲は止まらず、目の前にある《汚部屋》に絶望。

さらに《汚部屋を作り出した自分》を嫌い、見て見ぬふりを続ける。

 

これが断捨離したくてもできない人の心理ですが、人間なら誰でも陥りがちな罠です。

 

断捨離できない人ができるようになる秘訣|やるしかない

  • 汚部屋なんて見たくもない
  • 面倒くさいからやりたくない

こんな人が断捨離するには、とにかくやるしかありません。

《やるしかない》というのは根性論ではなく、

  • 捨てないと物は減らない
  • 捨てるかどうかを決められるのはあなただけ

という現実的な話だからです。

業者に頼めば断捨離してくれるとはいえ、最終的に捨てるか捨てないかは、あなたにしか判断できません。

だから結局は《やるしかない》んです。

 

断捨離を無理なく進めるコツ|3つのステップ

断捨離を根性論で語りたくはありませんが、少なからず根性が必要なときもあります。

とはいえ、そんなに身構える必要はないので、安心してくださいね🌟

断捨離を無理なく進めるには、以下の3つのステップを踏むのがおすすめです。

  1. 断捨離の目的を明確に
  2. 目標は小さく
  3. 成功体験を積み重ねる

なぜなら、断捨離には

  • 売るものの梱包や配送の手配
  • 捨てるものを運ぶ手間と体力
  • いらないものを一時保管しておくスペース

などの《手間・体力・時間》が必要だから。

6畳のワンルームでさえも、長年溜め込んだものを一気に捨てるのはかなり無理があります。

 

しかし、この3ステップを踏めば、どんな面倒くさがり屋でも大丈夫です!

わたしもかなり年季が入った面倒くさがり屋ですが、この方法で断捨離を楽しんでいます。

断捨離を一世一代の大イベントと考える必要はありません。

各ステップを踏まえて、無理なく楽しくお部屋と心をスッキリさせましょう。

 

無理のない断捨離|ステップ1.断捨離の目的を明確にする

まずは「何のために断捨離するのか?」をはっきりさせます。

明確な目的がないと道に迷って挫折しやすくなりますし、やる気も出ません。

例えば

  • 老後に備えるため
  • 足の踏み場を確保するため
  • 新しい趣味のギター置き場を確保するため

など、どんなことでもいいと思います。

自分で目標を決めれば、とりあえずそこまでは迷わず突っ走れますからね。

目標を決めずに走り出すことは、コンパスを持たずに樹海に入るようなものです。

断捨離が自殺行為にならないように、なんとなくでもいいので着地点を決めておきましょう。

 

無理のない断捨離|ステップ2.目標は小さく設定する

最終的な目標を決めたら、次は《目標を達成するための目標》を設定します。

一気に目標クリアを目指すのは体力や精神力が必要になってしんどいので、一度にクリアすべき課題のハードルは低く設定しましょう。

階段を五段飛ばしで駆け上がるのはかなり難しいですが、一段ずつ上っていけば体力的にも精神的にも楽ですよね。

断捨離もそれと同じです。

断捨離という最終的な目標も

  • 本棚を断捨離
  • クローゼットを断捨離
  • カラーボックスを断捨離

という異なる小さなパーツの組み合わせでできています。

 

時間がなくて難しかったり物が多すぎて大変すぎたりする場合は

  • 靴下と下着だけ
  • 引き出しの一段だけ
  • カラーボックスの一列だけ

という決め方でもOKです。

目標はできるだけ小さく設定した方が、体力的にも精神的にも楽にクリアできます。

 

無理のない断捨離|ステップ3.小さな成功体験を積み上げる

目標をできるだけ小さく設定することには《成功体験をたくさん積み、たくさんの快感を感じる》という意味もあります。

断捨離中に思うなら、あなたはどちらの方が気分が楽ですか?

  • これだけ捨てられた!
  • まだまだこんなに捨てなきゃ…

絶対に「こんなにたくさん捨てられた!」とポジティブに考えられる方が楽だし、やってて楽しいですよね。

断捨離を「やらなきゃいけないタスク」と考えるのではなく「叶えたい未来のための攻略ゲーム」と考える。

そのためには、目標を小さく設定して、「できた!嬉しい!」と感じられる成功体験の回数を増やすことが重要です。

 

わたしの断捨離1日目|積み重なった本とカラーボックスを分別

わたしも断捨離を始めたばかりなので、まずは

  • 机の下に積み重なった本を分別
  • カラーボックス内からいらないものを撤去

しました。

 

View this post on Instagram

 

▷ 断捨離 1日目 高校卒業から10年以上も放置していたマイルーム(6畳)の断捨離をはじめました。 今は実家暮らしですが、高卒で上京してから部屋は完全放置。着ない服や漫画本、雑誌、ノート、ペン、雑貨などで溢れかえっています。 一人暮らしと5回の引っ越し、海外生活、一人旅などを経て、ようやく『モノの多さと幸福感は比例しない』ことに気づきました。 モノで溢れない暮らしの快適さに感動を覚えて以来、必要以上にモノを持たない暮らしを目指しはじめます。 そして今日、汚部屋の断捨離にとりかかりました。 #断捨離記録 #断捨離中 #汚部屋 #シンプリスト #ミニマリスト #ミニマリストになりたい #ミニマル #ミニマルライフ #ミニマリズム #物を持たない暮らし #豊かな暮らし #シンプルな生活 #シンプルに暮らす #丁寧に暮らす #もたない暮らし #シンプルな暮らし #ていねいな暮らし #実家暮らし #片付け #ミニマル #ミニマルな暮らし #シンプル生活 #シンプルに #ナチュラルな暮らし #シンプルライフに憧れる #ミニマムライフ #ミニマムな暮らし

シンプリスト|カーリーさん(@simplist_carlie__)がシェアした投稿 –


スッキリしたカラーボックス内には、厳選した本や雑貨を収納。

最終的にはカラーボックスも机もすべて捨て、クローゼットに収まる物だけにします。

ミニマルと好きな旅行を組み合わせて《リュックひとつで海外旅行へ行く》のが目標です。

 

断捨離や持たない暮らしについてはインスタでも発信しています。

ぜひフォローお願いします~!

シンプリスト|カーリーのインスタ

 

断捨離は1日にしてならず|「少しずつ」が成功のカギ

どんなに小さな部屋でも、一気にまとめて断舎離するのは至難の業です。

一度にやろうとすればするほど、たくさんの

  • 時間
  • 体力
  • 精神力
  • スペース

が必要になります。

一気に断捨離しようと思えば思うほど断捨離の機会が先延ばしされ、いつまでたっても汚部屋は片付きません。

 

「断捨離 = めっちゃ大変」という思い込みを変えるには

  1. 断捨離の目的を明確に
  2. 目標は小さく
  3. 成功体験を積み重ねる

という3つのステップを参考に、断捨離に対する嫌悪感をなくしましょう。

一度やってしまえば大丈夫!

捨てることの爽快感を感じられ、部屋が片付いてキレイになる未来が見えてきます。

この記事を参考に《断捨離デビュー》してみてくださいね。

 

この記事の感想をSNSでシェア!