【フランス語は世界一美しい言語である理由】学ぶとメリットしかない

「フランス語は世界一美しい言語である」理由を元フランス在住者が教えます。フランス語を学ぶと圧倒的にメリットしかないので、新しいことをはじめたい人は必見です!

フレンチ料理人だったライター carly です。

「フランス語は世界一美しい言語である」と聞いたことがありませんか?

お洒落なイメージしかないフランスですから、そう言いたくなる気持ちはわかります。

しかし、突き詰めるとなにが理由なのか、よく分からないですよね?

ということで今回は、フランスに住んでいた筆者がその理由を説明します!

フランス語に興味がある人はもちろんそうでない人も、雑学として知っておくと周りから一目置かれる存在になれますよ。

フランス語という言語を詳しく知り、フランスのことをもっと好きになりましょう。

 

フランス語ってどんな言語?

  • シャンゼリゼ通り
  • エッフェル塔
  • ルーブル美術館
  • ノートルダム大聖堂
  • モン・サン・ミシェル

などでおなじみの観光大国「フランス共和国」の公用語です。

 

フランス語は世界で16番目にネイティブスピーカーが多い言語

文部科学省の統計によると、フランス語を母国語としている人は世界で16番目に多いとのこと。

ちなみに他のランキングを見てみると

  1. 中国語(8億8,500万人)
  2. 英語(4億人)
  3. スペイン語(3億3,200万人)
  4. ヒンディー語(2億3,600万人)
  5. アラビア語(2億人)
  6. ポルトガル(1億7,500万人)
  7. ロシア語(1億7,000万人)
  8. ベンガル語(1億6,800万人)
  9. 日本語(1億2,500万人)
  10. ドイツ語(1億人)
  11. ウー語(9,100万人)
  12. ジャワ語(7,500万人)
  13. 韓国・朝鮮語(7,500万人)
  14. パンジャブ語(7,300万人)
  15. テルグ語(7,300万人)
  16. フランス語(7,200万人)

となっています。

こちらは2005年のThe Penguin FACTFINDERという資料をもとにした結果です。

最新のものがないので悪しからず。

フランス共和国以外にフランス語を公用語としているのは

  • ハイチ
  • モナコ
  • ベルギー
  • ルクセンブルク
  • スイス
  • ニューカレドニア
  • ベナン
  • コンゴ
  • 中央アフリカ
  • ルワンダ

といった国々です。

ほかにもたくさんありますが、割愛させてください。

 

フランス語は世界で2番目に学習されている言語

「世界で最も学習されている言語ランキング」の結果は

  1. 英語
  2. フランス語
  3. 中国語

となっています。

英語や中国語はネイティブスピーカー数が多く、世界的にみて重要な国の言葉です。

となれば、学習者が増える言語であることも理解できます。

しかし、英語や中国語に大きく離されているフランス語が、なぜここまで求められているのか。

それは、世界的に重要な機関がフランス語圏にあるからです。

 

世界で活躍したい人は英語の次にフランス語を学ぼう

  • 世界労働機関(ILO)
  • 世界保健機関(WHO)
  • 世界貿易機関(WTO)

などの世界的に重要な機関は、フランス語を公用語とするスイスのジュネーブにあります。

あの「国際連合」の事務局もなんとジュネーブに。

つまり、世界で活躍する人にとってフランス語はとても重要な言語だということです。

オリンピックでもフランス語でアナウンスされるシーンがありますし。

 

英語はみんな勉強しますが、大学の第二言語で

  • 西洋の言語(フランス語やドイツ語など)
  • アジアの言語(韓国語や中国語など)

のどちらかで迷う人が多いです。

日本では中国語や韓国語の方が役に立つかもしれません。

文法や漢字などが似ているアジア系の言語の方が習得しやすいのは確かでしょう。

しかし、世界を大きく捉えて活躍したいならば、英語の次にフランス語を学ぶべきです。

 

フランス語が世界一美しい言語である理由

わたしは1年間フランスに留学していた経験があります。

のんびり独学を含めれば、およそ3年くらいフランス語を勉強していました。

その経験から「フランス語が世界一美しい言語である理由」を2つ考えました。

  • フランス語は文法よりも発音の美しさを重視している
  • フランス語は母音の数が多く、それが豊かな表情を作り出している

それぞれの理由を詳しく解説していきますね。

 

フランス語は文法よりも発音の美しさを重視した言語

フランス語の発音テクニックに

  • リエゾン
  • アンシェヌマン
  • エリズィヨン

というものがあります。

ややこしいので、それぞれの違いや特徴については一旦無視しましょう。

この発音は音と音をつなげ、滑らかに美しく発音するためにあります。

 

例えば、みなさんご存知の「ヴァンサンカン」という雑誌。

これは

  • ヴァン(20)
  • サンク(5)
  • アン(歳)

という3つの単語がくっついてできた言葉です。

スペルを書いてみると「vingt + cinq + ans」となります。

サンクとアンの音がくっつくのがなんとなく分かりますよね?

実はコレ、単語だけでなく文法においても同じことが起こります。

 

例えば「彼は何歳ですか?」を意味する「Quel age a-t-il ?」という文。

発音は「ケラージュ ア ティル」って感じです。

驚くことに、後半のハイフンで囲まれた t には意味がありません。

ただただ発音をよくするためだけに投入されたアルファベなんです。

 

発音をスムーズにするためにまったく意味をなさないアルファベを登場させる。

フランス語のこの法則を知ったときは、ただただ衝撃でした。

つまり、フランス語は文法を無視してまでも発音を優先した言語だから美しいということです。

 

【フランス語は母音が多い】表情が豊かになって美しい

フランス語学習者がブチ当たるカベといえば「発音」です。

r の発音が意味不明だということはけっこう知られています。

しかし、それ以上に「母音の数が多い」ところに躓く人もかなり多いです。

  • 鼻母音
  • 複合母音

などと言われるのですが、日本人にはほとんど違いが分かりません。

勘弁してよ… と思うのですが、これが

  • 儚さ
  • アンニュイさ
  • セクシーさ

などフランス語独特の「表情」になっています。

フランス語独特の「発音」は、言葉に意味以上の表現力を与えているのではないでしょうか。

これがわたしがフランス語を世界一美しい言語だと結論づける理由です。

 

フランス語って難しい言語なの?

以下のツイートによれば、アメリカ的には日本語が世界一難しい言葉であるとのこと。

わたしは何十もの言語を学んだわけではありません。

しかし、日本語はとても難しいと日々痛感しています。

とはいえ、日本人からしたらフランス語はかなり難しい言語だと思います。

日本人なら何語であろうと難しい

わたしは、あなたがごくごく普通の日本人であれば、何語であろうと習得は難しいと思います。

なぜなら、日本人は

  • 外国語というものの存在
  • 外国語を習得するということ

に慣れていないからです。

海外に住んでみると、この理由がよく分かります。

ヨーロッパではとくに、生まれたときから身の回りに外国語があるのが当たり前です。

学校の友達が外国人だったり友達の両親が外国人だったり、自分の両親が外国人であることだって珍しくはありません。

 

小さいときから

  • 外国語に触れたり
  • 自然と外国語を身につけたりする

環境がそろっていることが多い西洋人の多くは、ひとりでいくつかの言葉を話します。

フランス語が母国語で、イタリア語とスペイン語を話すとか。

英語が母国語で、アラビア語とフランス語とヒンディー語を話すとか。

 

外国語が身近にない日本人にとっては、どんな言葉に対しても必ず抵抗感が生まれます。

その状態では何語を学習するときでも「難しい」としか感じないでしょう。

 

【英語とフランス語】同時に勉強すると習得しやすい

わたしは「英語とフランス語の同時学習はイケる」と思っています。

英語はフランス語を由来にしている単語も多く、文法も似ているからです。

実際、英語のおよそ3分の2はフランス語由来だそうで、

  • 英 prince → 仏「prince」
  • 英 chair → 仏「chair」
  • 英 auberugine → 仏「auberugine」

のように綴りがそのままの単語もたくさんあります。

ちなみに、茄子を意味する「オーベルジーヌ」はイギリス英語です。

アメリカ英語では「エッグプラント」ですね。

 

違いはあれど、英語をマスターした人であればすでにフランス語の3分の2もの単語を知っていることになります。

ちょっと腹立たしいですが…

つまり、英語と一緒にフランス語の単語も覚えてしまえば早い、ということです。

 

フランス語を学ぶメリット【デメリットなし】

フランス語を少しだけ話せるわたし的には、フランス語を話せるメリットは大きいと思います。

東京ですら出番は少ないですが、話せたときの威力がハンパないです。

その理由を

  • カッコいい
  • フランス旅行がめっちゃ楽しい
  • フランス人と秒で仲良くなれる

の3つに分けて詳しく説明していきます。

 

周りから一目置かれるカッコいい人になれる

単純にフランス語を話せることがカッコよく、周りからスゴイ!と思われます。

話せるレベルは問いません。

ものすごいヒーローになれます。

みんな英語に対する憧れはあっても「ゆうても英語」なんですよね。

  • 英語なんてメジャー
  • 話せて当たり前(話せないけど)
  • 話せる人なんていっぱいいるし

って感じなので、フランス語の方がレアキャラになれます。

とはいってもそこまでマイナーではなく、みんなに認めてもらえるちょうどいいポジションの言語なんですよね。

なので、カッコいい人になりたいなら、英語よりもフランス語を勉強しましょう。

 

フランス旅行が死ぬほど楽しめる

これはわたしの実体験です。

「フランス人は外国人に対して冷たい」と聞いたことがありませんか?

わりと本当らしいのですが、わたしはまったく経験していません。

これは恐らくわたしがフランス語を話せたからだと思います。

困っていればみんなが助けてくれ、色々な話をし親切にしてくれました。

このおかげでフランス旅行には楽しい思い出しかありません。

 

フランス人とすぐに仲良くなれる

これもわたしの体験談です。

上記の内容と同じく、フランス語が話せると旅行中でも現地の人とすぐ仲良くなれます。

この部分はフランス人と日本人が似ているなと感じる部分です。

フランス人はフランス語がマイナーな言語であることを理解しています。

だから、フランス語を話す外国人を見つけると嬉しくなるんでしょうね。

わたしたちもそうじゃないですか。

日本語を話せる外国人を見るとうれしいですよね。

だから、フランス語を話せるというだけで一気に距離が近くなる。

フランス人の友だちができて、フランスのことをたくさん教えてもらえて、旅行が楽しい。

フランス語を学べばいいことしかありません。

 

フランス語を学ぶ方法【プロに教えてもらうのがベスト】

英語などと同じく、独学でフランス語を学ぶことはできます。

フランス語を学ぶには、以下のような方法があります。

  • 本や通信教材で独学する
  • ワーホリでフランスに突撃する
  • プロに教えてもらう

ただ、いずれにせよ日本人は発音でつまづきますし、英語ほど学ぶ環境が整っていません。

英語に比べると、フランス語は独学しにくい言語なんです。

  • 時間
  • お金
  • 上手さ

などトータルで考えると、早い段階でプロに教えてもらうのがベストです。

 

本や通信教材で独学する

最も手軽でやりやすいのが独学ですね。

自分のペースで好きなときに勉強できるので、学校や仕事をしながらでも。

ただ、上達のスピードや発音の上手さなどに関してはまったくダメですね。

  • ある程度の単語だけ知りたい
  • まずはどんな言語かを体験したい

という人にはおすすめです。

とはいえ、本気で学びたい人には以下のようなガチの通信教材もあります。

 

ワーホリビザでフランスに行く

いっその事なにも持たないままフランスへ行ってしまうのも手です。

ただ、この場合は

  • 多額のお金
  • 強靭な精神力
  • 適度な楽観性

などがないと病むので注意しましょう。

わたしはイギリスですが、ワーホリを体験しています。

もしよかったら参考にこちらの記事を読んでみてください。

 

フランス語をマスターした人に教えてもらうのがベスト

フランス語をある程度 使えるようにしたいのであれば、はじめからプロに頼るのがおすすめ。

わたしは独学もしたしスクールで教えてもらった経験もあります。

どちらが早く伸びスキルが上達したかといえば、圧倒的にプロに教わったときです。

やっぱりフランス語の発音は難しいので、プロに矯正してもらえたのが大きかったですね。

先にプロに習っていれば、お金も時間もムダにならなかったなぁと思います。

フランス語の独学におすすめの本や映画

言語を学ぶにはモチベーションを保つことも大切です。

わたしはフランスでの自分の姿をイメージするために

  • 映画

の2つを使って気分を上げていました。

参考までに、わたしがおすすめするフランス語の映画と本を紹介します。

 

【フランス語おすすめ映画】パリ、ジュテーム

ひとつめは「パリ、ジュテーム」という映画。

フランスのパリが舞台で、20区のうちの18区でつくられた短編映画を集めた作品です。

かの有名な

  • エッフェル塔
  • モンマルトルの丘
  • セーヌ川

なども見どころですが、俳優陣もけっこう豪華で見応えがあります。

有名どころではナタリー・ポートマンとイライジャ・ウッドなど。

映画ファンにもおすすめできるすてきな映画です。

 

【フランス語おすすめ映画】アメリ

王道とはいえ、フランス映画といえばやっぱり「アメリ」ですよね。

あれほどまでにフランスの世界観を表現している映画には出会ったことがありません。

女性であれば、見ているだけでカワイさにうっとりしてしまうほど。

くすっと笑えるところやブラックジョークが効いているところもあるので、男性でも楽しめます。

主演のオドレイはさすがフランスが生んだのハリウッド女優。

発音がロマンチックでとてもキレイなのでぜひ聞いてみてほしいです。

 

ちなみに、アメリは Hulu でも配信しているのですが、この限定パッケージがもう…!

めちゃくちゃかわいくて女性へのプレゼントにおすすめなのでお見逃しなく!

 

【フランス語学習におすすめな本】ケータイ「万能」フランス語文法

最後に紹介するのは、フランス語初心者におすすめの文法書です。

わたしはこの参考書をひたすら使い込んで脱初心者しました。

ちなみに、フランス語の参考書を選ぶときは「冠詞」がついているかを必ず確認してください。

冠詞とは、英語でいう a とか the です。

フランス語には「女性名詞」「男性名詞」があり、これを覚えないとはじまりません。

後々自分の首を絞めることになるので、フランス語の冠詞には早いうちから慣れましょう。

 

【フランス語は世界一美しい言語】知ってるだけでカッコいい

今回はフランス語が世界一美しい言語である理由を

  • 発音
  • 母音の多さ

という点から結論づけてみました。

全世界の人が「フランス語は美しい」と思っているかは不明です。

とはいえ、今回説明した理由はなかなか的を射ているんじゃないかと思います。

 

英語に比べればマイナーですが、フランス語は少し知っているだけでカッコいい言語です。

わたしはフランス語を勉強してよかったですし、興味があればあなたにもぜひ学んでみてほしいなと思います。

言葉を学ぶことは、その国の歴史や人々の考え方、価値観などを学ぶことでもありますからね。

その楽しさとワクワクを、フランス語を通して味わってもらえたらうれしいです。

carly
以下の記事も人気です

 

Twitter でモリモリ発信してます

この記事の感想をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です